37代目襲名

五色のヒーローごっこしてた、ケツの青いガキはいつしかごっこ遊びを卒業し、


やがて故郷を離れ、いつしか客席100人程度の小さな劇場で芝居をする青二才の役者になった。


転々と芝居を続け、そこで付けた点と点が、ようやく繋がり線になった時、
男は37番目の青いマスクを被りました。


そんな男の小さな物語が詰まった、物語が始まりました。


今度はどこかの誰かに五色のヒーローごっこ遊びをして貰いたくて。
[PR]
by hey-yamato | 2013-02-16 19:47

金城大和のブログ


by 金城大和
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30