竜は星に向かって涼しく舞う

1993年3月。涼しい風が流れる季節に、とある惑星から、この青の惑星に小さなリュウが降り立った。


小さなリュウは、この青の惑星で生き育っていった。


とある惑星では、リュウはまだ仮名で、成長したリュウに本当の名を与える習わしがあると云う。


小さなリュウは、この青の惑星で様々な冒険をした。様々な事を学んだ。


やがて赤い翼は強く大きくなり、ギラギラしてた目は、勢いはそのままで、少し何かを包み込める様な瞳になった。


そして、大きくなったリュウは、とある惑星から本当の名を与えられる事になった。


この青の惑星の言語でリュウは竜と、とある惑星の一番星になって欲しいという願いが込められた名が。


この青の惑星に降り立ってたから、ちょうど20年経ったこの日に。



小さかったリュウは大きくなった翼を翻し飛んでいく。光ある可能性の先に向かって。高く高く。


舞い上がった後には涼しい風が吹く。


その風に乗って桜が舞い上がる。まるで祝いのクラッカーが弾けた真ん中の様に。

b0206552_13545874.jpg

[PR]
by hey-yamato | 2013-03-24 14:19

金城大和のブログ


by 金城大和
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31