2013年 02月 25日 ( 1 )

突き抜ける天気の下をいつもの様に走る西武線の車窓から、何丁目かの富士さんが見えてきました。


何丁目かの富士さんは僕に気付くと、

「おい、お早う。」

「え?お、お早うございます。」

「何じゃ?その気の抜けた返事は。」

「え?あ、スイマセン。お早うございます。」

「お前、眠いんか?」

「いえ、別に眠くないです。」

「もう9時過ぎやぞ。シャキっとせんかい馬鹿もん!」

「あ、はい。」

「あ〜?」

「は、はい!!!」

「ふん。もっとギラギラせんといかんな〜。」

「ギラギラ?」

「そうじゃ。もっとギラギラ、ガツガツ行かんかい馬鹿もん!」

「・・・・・」

「小童よ。もっとギラギラいきなよ!!!」

「はい」

「あ、そうじゃ。今日の天気はどうじゃ?」

「え?あ、はい。キレイですよ。寒いですけど。」

「馬鹿もん!そんな事聞いとらんわい。」

「え?」

「今日の天気はどうなんじゃい」

「あ!」

「ん〜?」


「最高ですバカヤロー!!!」

「フッ....」


それで良いんだよ。って言ってくれた様な気がした時、何丁目かの富士さんは見えなくなりました。

b0206552_1144278.jpg

[PR]
by hey-yamato | 2013-02-25 10:36

金城大和のブログ


by 金城大和
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28