2013年 05月 31日 ( 1 )

毎日せかせか歩いてた道が、もうすぐ思い出の道になる。


いつもいつも汚ねぇーなと言って笑ってた部屋が、もうすぐただの四角になる。


噛み締めてるのか、それともただのんびりなのかは、明日が教えてくれるだろうが今は、ゆっくりと段ボールが積まれていく。ドサ、ドサ。


左開きの冷蔵庫から、ビールを一つ取りながら、今日初めて会った音楽を流す。


一つ、思い出を段ボールという箱に詰めて休み、また一つ思い出か、それとも埃かぶったただの物を段ボールという箱に詰めて休み、ゆっくりと段ボールが積まれていく。ドサ、ドサ。


休むたびに音が止まると、流れるのは時計の呼吸だけ。チク、タク。


気づけば長針がぐるっと一回り。あぁ、もうこんな時間。夜明けはもうすぐだ。


いいか、過去を振り返る時間なんて無いさ。生きていくのはいつも今、それと今より先だけだから。


なのに過去を感じながら、ゆっくりと段ボールが積まれていく。ドサ、ドサ。


あぁ、冒険者よ夜明けはもうすぐだ。早くしな。


止まってる暇なんてこれっぽちもありはしねぇぜ。段ボールを積み上げろ。ドサ、ドサ。


朝が来ても終わる気配なんてありはしないぜ。明日は引っ越しなのにな。


業者が来るぞ。
[PR]
by hey-yamato | 2013-05-31 03:41

金城大和のブログ


by 金城大和
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31