カテゴリ:未分類( 106 )

ご報告

謹賀新年


新年を迎え、諸事ご多用中のところ、私事で誠に恐縮なのですが、私、金城大和は、女優の小谷早弥花さんと本日入籍いたしました。


このように突然のご報告になってしまった事をお許しください。


お相手の小谷早弥花さんとは舞台で知り合い、彼女の芯の強さや朗らかさ、日々の前に進む意思の強さに惹かれ、本日結婚する運びとなりました。



これから先の人生、共に白髪になって同じ墓場にいくまで  一緒にゆっくり歩んでいきたいと思います。



皆様の支えと応援あっての私達です。自分らしくさらに仕事も邁進して参りますので、今後とも変わらぬ ご指導ご鞭撻のほど、宜しくお願い申し上げます。



本年も皆様が温かく健やかで、へいわな一年を過ごされますよう、心よりお祈り申し上げます。



平成31年1月1日

金城大和



b0206552_21383791.jpg

b0206552_12393168.jpg


by hey-yamato | 2019-01-01 12:00 | Trackback(21) | Comments(4)

2018ラストぶるーす

2018年12月31日。

平成最後の大晦日。そして、平成最後の正月へ。うん。希望に満ち溢れているのではないでしょうか。

2018最後の『爆弾ぶるーす』。今年も全然更新していなかった。来年はこまめに更新致します。
そんな宣言も毎回している気がしますが、ここまできたら、これも私の年末年始の恒例宣言として流して頂ければ。

さぁ、時間の許す限り、本年をゆるりと振り返りたいと思います。

今年は去年までにも負けてないバラエティ溢れる仕事をさせて頂きました。

舞台は4本。

【1月17日(水)〜1月28日(日)・2月4日(日)】
 JOE Company  Reboot Stage 『ええ、アイ』


【4月11日(水)〜15(日)】 
蜂寅企画  第十四回公演   『最果て忠敬』


【9月23日(日)〜30日(日)】
トローチ  第4回公演     『咲き誇れ』


【11月27日(火)〜12月2日(日)】
まどかSelection  ♯1   『おとなのけんか』


当たり前ですが、物語も役者の人数も雰囲気もやり方もジャンルも、全然違う4本。
そして出会えた役者仲間とスタッフさんと、物語を完成させてくれたあなた。


もちろん、一本一本に思い出と感想があるのですが、時間が足りなさすぎて、日付けというか、年を越してしまいそうなので、、、。だからその都度その都度書きやがれ、という自分への喝を。よし、明日からは。
まぁ、それもこの時期、毎年毎年言ってますが。


そして他には、個人的ビックリサプライズの仕事に、

『ブレイブ フロンティア2』×『獣電戦隊キョウリュウジャー』

まさかの形で、我ら6人が再集結して、配信の形でまさかの続編を作りCMを撮り、まさかのゲームとのコラボレーション。正にブレイブだぜ!でした。来年の戦隊は恐竜ものと聞きましたが、「なんでもや まるふく」はどんなお仕事も引き受けますよ。


それから、相棒あっちゃんこと丸山敦史氏と、月一配信でお送りしてた、『昭和のニオイ チャンネル』。ゆるりとへいわを目指した番組でしたが、シーズン1は今年の10月で一旦おわり。きっと、新年号になれば復活する事を願って、また。


そして一番お仕事を頂いてます、声の芝居のお仕事。
今年もたくさんやらせて頂きました。たくさん頂いた仕事一つ一つに、真摯に叫んで心を乗せてきました。


一年はあっという間であり、だが、とても濃密な日々の積み重ね。


この記事を書きながら、思い出して、呑んで、また思い出してはまた呑んで。そうしてるうちに、新年がやってくる時間になり、今度は焦ってきたりして。

だから来年からは、お仕事のたんび、毎度毎度書こうと後悔して、でもまた、同じ事を来年の今頃に書くのだろうと、やっぱり呑みながら、いま未来を思う。


ゆるりとながらも、なかなか一気に書いたこのぶるーす記事。初めから読むのが怖いですが、2018年の日々はこんな感じですかね。


皆様。メチャクチャな文章にお付き合い頂き、ありがとうございました。そして、本年も誠にありがとうございました。


2019年も、皆様が好きな歌を聴き、素敵な物語に出逢い、誰かに恋して、南の海やあの国の子供たちや、あなたに、へいわの日々が毎日くる事を祈って。


2018年12月31日

金城大和



b0206552_23162813.jpg



b0206552_23163299.jpg


by hey-yamato | 2018-12-31 23:20 | Trackback | Comments(0)

『ええ、アイ』ぶるーす

『ええ、アイ』

この舞台のセットは、2枚の扉があり、色んな場所の表情を作ってくれる。

ほんの少しの時を遡る。昨年の12月18日から『ええ、アイ』の稽古が始まり、まだ何が飛び出してくるのかさえ分からないが、ゆっくりと物語の扉が開く。

やがて、2017年が終わり2018年の新年が走り出したと思ったら、1月17日水曜日、あなたを迎える為に中野の劇場の扉が開き、初日の幕が上がる。

東京全12公演+宮古公演

第1公演目 『いのちで笑え 満月の夕』の回
第2公演目 『ニンマリしてますあなたが笑うと』の回
第3公演目 『叫び』の回
第4公演目 『呼んでもないのに出てきましたね』の回
第5公演目 『ごっちゃんです』の回
第6公演目 『rock you』の回
第7公演目 『泣くな俺、iPodの充電が切れたからって』の回
第8公演目 『母〜父〜』の回
第9公演目 『キング・オブ・ルーキー』の回
第10公演目『自由に新鮮にチャーミングに』の回
第11公演目『+生きとし生ける物へ』の回
第12公演目『+にふぇーでーびる魔界都市』の回

魔界都市東京で、皆様から貰ったエネルギーや優しさ、日々の積み重ねをリュックに詰め込んで、物語と一同は南の島へと海を渡る。

2月4日 日曜日。マティダ市民劇場。

宮古島公演  『緑の島だよ春の島』の回

とうとう東京12公演+宮古島1公演、『ええ、アイ』全13公演の幕が降りる。

これまで、お時間をつくってくれて、劇場に足を運び、この物語を一緒に完成させてくれた皆様、本当に本当にありがとうございました。

贈ってくれたお花、お手紙、プレゼント。お気持ち全てに感謝しております。大きな力を頂きました。
また、来れなくてもSNSを通して届けてくれた激励のお言葉。本当に嬉しく思い、それはそれはもう、大喜びです。

全てが終わり一同は、南の島から魔界都市へ。

飛行機から降り、僕らは解散。いつかまた一緒に物語を歩める事を楽しみにして。

ガラガラとキャリーバックを転がし、ガタンゴトンと揺れる電車に乗り、最寄りの駅でドアが開き、

『ええ、アイ』の扉が閉じる。

そして、新たな作品との日々が始まる為に、また次の扉が開く。


ありがとうございました。


b0206552_20370535.jpg
b0206552_20370507.jpg
b0206552_20370680.jpg
b0206552_20370746.jpg
b0206552_21455828.jpg
b0206552_20385629.jpg
b0206552_20385709.jpg
b0206552_20385865.jpg
b0206552_21063775.jpg

b0206552_21022173.jpg




by hey-yamato | 2018-02-06 21:50 | Trackback(1) | Comments(0)
2018年、はじまりの物語が、明日17日に幕を開ける。実際には日付が変わって本日なのだか就寝前なので明日としよう。


『ええ、アイ』


役者が呼吸を揃えるのも、スッタフさんと力合わせるのも、お客さんを迎え入れる為には当たり前な訳で。


でも、それだけでは物語は完成しないのです。


あなたが、劇場に来て初めて、明日からの物語は完成致します。


なぁ、友よ、どうか力を貸してくれませんか。


いつもながら不安との闘いですが、贈って頂いたお花を見て勇気を貰いました。ありがとうございます。


さぁ、初日。


私の体調は今、口内炎の気配すらも寄せ付けない程の絶好調です。


お時間合えば、是非、劇場に気軽に遊びに来て下さい。



JOE Company Reboot Stage 「ええ、アイ」

【作・演出】

小野寺

STORY

壊滅から再生した近未来の東京。最愛なる者を失い、コンピューターグラフィックやフォログラフに職を奪われようとしている役者の家族の元に送り込まれたAIアンドロイドたち。

ロボットとは決して悟られてはならない使命で人間として近付き、家族との誤解が誤解を呼ぶコミカルな交流が始まる

実在した者たちの過去を背負うアンドロイドの謎が垣間見えた時、思いもよらぬミステリアスな展開から驚愕のクライマックスへとなだれ込む。

およそ2年間の充電期間を経て、満を持して再起動<Reboot>するJOE Companyが、2018年、笑いと感動に満ちたサスペンスヒューマンコメディを贈ります。

【出演】

三浦浩一/三上市朗/岡元あつこ/金城大和/阿澄佳奈/植松洋/諒太郎/中口翔/

普光院貴之/まうい/誠弐/荒木未歩 (阿澄佳奈とWキャスト) /小野寺

【劇場】

東京:中野 ザ・ポケット (164-0001 東京都中野区中野3丁目22−8)

沖縄:宮古島 マティダ市民劇場906-0013 沖縄県宮古島市平良下里108−12)

【タイムテーブル】

<東京公演>

2018

1

17()19:30

18()19:30

19()19:30

20()14:00/18:00

21()14:00

22()休演日

23()19:30

24()19:30

25()14:00

26()19:30

27()14:00

28()15:30

の上演回は阿澄佳奈さんの出演はございません。Wキャストの荒木未歩さんが出演致します。

<宮古島市マティダお笑い劇場招聘公演>

2018

24()14:00

※開場は開演の30分前

※東京公演のみ、未就学児童のご入場をご遠慮いただいております。

【料金】

<東京公演> 5,500(全席指定)

<宮古島公演> 1,800(全席自由)

【リピーター特典】

6公演分の半券提示で、ご希望キャストの舞台衣装付きゲネ写真(非売品)

【先行発売日】 1125()121()

カンフェティ:

http://confetti-web.com/eeai

0120-240-540(平日10:00~18:00)

【一般発売日】 12 7()

【チケット取扱】

(全国共通)

チケットぴあ: 0570-02-9999(Pコード:482-925)

イープラス:http://eplus.jp/

カンフェティ:http://confetti-web.com/eeai 0120-240-540(平日10:00~18:00)

※カンフェティはセブンイレブン発券となります。宮古島の島内にはセブンイレブンがございませんのでご注意ください。

(宮古島チケット取扱)

〈直売店〉

TSUTAYA沖縄宮古島店

Booksきょうはん宮古南店

マティダ市民劇場

ファミリーマート 各店舗(ファミポート使用)

〈プレイガイド〉

チケットぴあ: 0570-02-9999(Pコード:482-925)

イープラス:http://eplus.jp/

※チケットぴあ、イープラスでは予約のみ。発券はファミリーマートにて行います。

【お問い合わせ】 JOE Company: info@joe-company.com

STAFF

脚本・演出:小野寺

照明:株式会社アステック・大串博文/青木大輔

音響・劇中曲作曲:山中勇哉

音響オペレーター:タケウチヒロカズ

舞台監督:HiRoE/庄司勉

演出助手:麻宮竜太(ЯEGENВOGEN)

舞台美術・大道具: はじり孝奈(obbligato)

宣伝美術:株式会社4121 カネコヨースケ

写真:石塚雅人

ビデオ撮影:彩光堂

販売グッズデザイン・イラスト:真野匤/カトリーヌあやこ

稽古サポート・アンダースタディ:小野寺丈ワークショップ受講者《村田郁哉/黒木界成/矢崎 彩音/篠田樹子》

制作:株式会社4121・森本 /小泉沙百合

企画・製作:小野寺

宮古島公演エグゼクティブプロデュース:與那覇俊和

宮古島公演エグゼクティブサポート:仲宗根優/砂川殻/親泊宗秀/我如古充/森田保

宮古島公演協力:マティダ市民劇場スタッフ/株式会社パック宮古支社/宮古島市マティダお笑 い劇場実行委員会/劇団ぴん座/劇団かなやらび


HP http://joe-company.com


b0206552_01071980.jpg
b0206552_01075553.jpg
b0206552_01080124.jpg



by hey-yamato | 2018-01-17 02:09 | Trackback(7) | Comments(0)

2018戌年ぶるーす


明けましておめでとうございます。

元旦でも三が日でもなく、すでに8日。

本日、成人の日なり。新成人の皆様、本当におめでとうございます。立派な大人になるのも大変素晴らしいですが、それよりも
どうぞ、素敵な人になって下さいね。

なんて雰囲気の良い言葉を並べてみてますが、結局はまたもや更新が遅い。大晦日のぶるーすで燃え尽きてしまったのかって程のスピードだ。後悔はしつつも、新年の挨拶をせずには初められないので、本日、新年の挨拶とさせて頂きます。


戌よりも走り、ワンちゃんよりも愛想よく、犬ほどの毛深さで。


2018年、本年も宜しくお願い致します。

b0206552_22594041.jpg

by hey-yamato | 2018-01-08 23:24 | Trackback | Comments(0)
2017年12月31日。大晦日。

2017年1月1日。元旦。今年はこのブログ『爆弾ぶるーす』を活性化すると私は誓ったはずなのに、365日全く稼働せず、相も変わらずTwitterやInstagramに任せるという暴挙ぶり。本当に情けない。

2017年も残す所、あと数時間。このままでは、今年は何も無かった年だと記録されてしまう。急いで書かねば。急いで残さねば。

でも、今年を振り返れるから丁度良い感じだなと、またもや自分にクソ程甘い言い訳をする私。こりゃ、来年も変わりないなと今から絶望。ただ、本当にこの後悔の経験を活かさなければ、絶望の先にあるのはもう暗黒だ。『爆弾ぶるーす』をやる意味が無いという事。暴発してしまうという事。そんな事は避けたい。だから明日へ繋ぐ為に、来年も始めれる為に、今年の一番最後に駆け込む。あとは勢いだけだ。さぁ、自分よ、いけ!

年の初めは、武道館。なんてカッコいい始まりなんだ。これは舞台『さらば俺たち賞金稼ぎ団』の番宣の為に少しだけ立たせてもらいました。

沖縄にてドラマ『尚巴志』の記者会見からの、地元沖縄でのラジオ出演。とてもはじまりの月にピッタリなお仕事たち。

2/16からは舞台『さらば俺たち賞金稼ぎ団』。映画から始まったこの物語もラスト。青木純蔵は今日もまた虹色交番でへいわを守ってます。

2/25からは一週間限定とはいえ、たくさんの皆さんの協力とご理解と愛で完成した映画『普通じゃない職業』が公開。色々な人の支えなしでは完成にはたどり着けなかった作品です。

3/15には3週連続で放送された、琉球人の琉球人による琉球人のためのドラマ、琉球歴史ドラマ『尚巴志』。私が見ている世界を、私が持つ物を、歩く道を琉球の世界に変えてくれて、そこを撮ってくれて音を逃さず、私が勝手に吐く空気を共演者が拾い同じ琉球の時代に変えてくれて、私を『尚巴志=サハチ』にしてくれました。

3/26はアニメ『遊戯王ARC-V』が三年間、148話の冒険に幕を降ろしました。私が演じたのは、真っ直ぐで生き急いでて妹想いで不器用だけど憎めない、そんな大好きなキャラクター、その名は黒咲隼。
黒咲隼を通して、「あなた」に出会えた事、共に生き急いだ事を誇りに思います。憂愁の影は『鉄の意志と鋼の強さ』で撃ち破り、あなたに感謝を届けます。


春先には吹替『キョウリュウジャーブイレブ』。これは僕らがやってたキョウリュウジャーの世界観を継いでくれて、韓国の皆さんがまた新たな息吹を吹き込み、新たな強竜者ワールドを。今回は私はブラックの声を担当。という事は、次の機会があればいよいよレッドかなと。

4/20からは江戸の銭湯にてひとっぷろ。初の蜂寅企画さんにて舞台『忘れな三助』。褌締めて、気を引き締めて、三平太という役を通し、中野に遊びに来て頂いた皆さんの心の垢を洗い流しておりました。
2018年の春にも再び蜂寅さんにて『最果て忠敬』に出ます。どうぞお楽しみに。

6/2より堂々開始。相方・丸山敦史との番組『昭和のニオイ チャンネル』。私が勝手に名付け、あっちゃんとアンダーグラウンドで活動してた謎のユニットがとうとう番組を持てました。まだ動き始めた番組ですが、たくさんのゲストの方に出てもらい、ゆるくともへいわを届けれる番組目指して来年も続けていきます。

夏の暑い日には、久々のオリオンビール『麦職人』のCM撮影。やはり地元に呼ばれる事は嬉しくもあり誇らしいし、南の島は暑いので喉が渇く。ならば、麦職人で、ありっカンパイ。

9月の秋には、女心と秋の空というんですか、移りゆく瞬間のシーンでしたが、ドラマ『ウチの夫は仕事ができない』と『弱虫ペダルSeason2』にちょっぴりと出させて頂きました。

さぁ、10月の12日は、リーディング公演『ぽわわわわん さんこめ』の初日の日替りゲスト出演致しました。昨年には「にこめ」の本編に出させてもらい、とても素敵で優しい空間を味わせてもらいました。また呼んで欲しいなと思ってたら「さんこめ」ゲストで。「にこめ」本編。「さんこめ」ゲスト。きっと来年あるであろう「よんこめ」、、、ん?このままフェードアウトか。危ない危ない。初日乾杯係として呼んでくれる様に今から署名活動をしなくては。

冬。いやもう年末ですね。12月には、来年1月にお届けする舞台『ええ、アイ』の稽古がスタート。どんな物語なのか、どんな人間賛歌絵巻になるのか、乞うご期待。
そして12/27には再編集されたディレクターズカット版『尚巴志』が再放送がありました。あとはDVD化だけですね。まだまだ私は続けますよシュプレヒコールの声。

ザッと書き出しましたが、今年も、大半は声の芝居のお仕事を頂きました。発表された仕事、まだ発表できない仕事もあり、全てを伝えられないのが残念ですが、それでも頂いた声のお仕事は山ほど。本当に感謝。全てが出会いであり、全てに全力で、その時の今を置いてきました。優劣などないですが、年が変わる時間まで残りあと少し。
吹替『フリーク・シティ』『FはFamilyのF』season2 『ヘイターはお断り!』season2、『ザ・ミスト』、『クライアント・リスト』、『僕と君と彼女の関係』などなど。本当にたくさんやらせてもらいました。全然伝えきれてない。私本人も追いついてない。でも時は非常にやってくる。迫ってくる。除夜の鐘はもうすぐそこだ。

最後の記述は勢いというか、強引というか焦りというか、もう乱筆乱文で大変申し訳ないのですが、この様に2017年は私的に、とても充実してた一年だったのではないかと。まだ発表前の作品もたくさんありますが、バラエティに溢れた色々な作品を届けれた一年になったのではないかなと思います。

一年間も貯めて貯めてしまったせいで、こんな長文になってしまい、一つ一つが軽く思われそうですが、本当にそんな事は無い。一つ一つ全てに全力を注いだ宝物たちでございます。

来年2018年も、多くの宝物の様な作品に関わり、皆さんに感謝をお付けしてお届け出来れば良いなと思います。

うまい事も、素敵な事も、毒もポップも何にも無い文章になってしまったかもしれませんが、数時間かけて書いた久々の爆弾ぶるーすが出来て満足です。

最後に皆様。

今年も色々な物語を一緒に完成させてくれて、本当にありがとうございました。来年もたくさんの物語を届けていく予定ですので、お時間合えば、どうぞ一緒に完成させてくださいませ。よろしくお願い致します。

いよいよあと数分で戌さんがダッシュで、酉さんからバトンを受け取る時間ですね。


ではでは、良いお年をお過ごください。また来年も一緒に遊びましょう。


2017年12月31日


金城大和


by hey-yamato | 2017-12-31 23:59 | Trackback | Comments(0)

2017爆弾ぶるーす

2016年最後に呑んでた酒は、2017年最初に呑んだ酒に変わり、おめでとうと乾杯から本年も始まる。

2016年はあんなにもたくさんのお仕事、お知らせ、出来事があったというのに、twitterやらInstagramに任せて、ポップと毒気と少々意味の分からない文章で書き殴ってるこの爆弾ぶるーすを疎かにしていました。

その事を後悔し、2017年からはここを活性化しようと思います。

今まで以上に私の気持ちを、ポップと毒気を持って、意味の分からない暴力文章で載せていこう思います。

それが今年の、2017爆弾ぶるーす!どうぞ、本年もよろしくお願い致します。

ミルクでも水でもジュースでも酒でもお茶でも何でも良いから、世界中の全生命体で乾杯できたらさ。

明けましておめでとうございます。

b0206552_02580736.jpg


by hey-yamato | 2017-01-01 02:24 | Trackback | Comments(0)

親の顔が見たいぶるーす

何故こんなにもギリギリなのよ。

なぜにいつも、あなたは突然バタバタと駆け込んでくるのよ。

どうして、こんなにも急かすのよ。

本当にもう、親の顔が見たいわ!


緊急のお知らせになって、大変申し訳ございません。色々とスケジュール調整して貰い、先日、正式に決定致しました。

昨年の舞台にてご一緒させて頂いた、大島宇三郎さん主宰の団体『SPACE U』のアトリエ公演に、ゲスト出演致します。


大問題なのは日程!今月末です。改めて、ギリギリの告知になってしまい、大変申し訳ございません。


【SPACE U アトリエ公演 vol.11】

『親の顔が見たい』
作: 畑澤聖悟
演出: 大島宇三郎

【日時】
2016年 7月29日(金)〜31日(日)

b0206552_13010620.jpg
b0206552_13010683.jpg


【チケット】
・料金 2000円。(税込・日時指定・自由席)

【会場】
・中目黒 青少年プラザ 6階 第1レクレーションホール
(東京都目黒区中目黒2-10-13 中目黒スクエア内。Tel 03-5721-8575)

【アクセス】
・東急東横線/東京メトロ日比谷線
中目黒駅 下車徒歩10分

・東急バス
東京共済病院下車 徒歩2分
正覚寺下車 徒歩8分

【SPACE U 公式HP】
http://spaceu.jp/kouen.html



とても小さなスペースで、そしてリアリティ溢れる本を、お客さんとこれでもかという物凄い近い距離で演ります。今までにない程のギリギリの近さで。


お時間あれば、是非遊びに来て下さい。


チケットのお申し込みはこちら。

『親の顔が見たい』金城大和専用チケットフォーム。
https://tiget.net/users/1236


夏の始まりに、金城さん家の坊主の顔、見に来ませんか。



by hey-yamato | 2016-07-11 12:18 | Trackback | Comments(0)

71の慰霊ぶるーす

月桃ゆれて 花咲けば
夏のたよりは 南風
緑は萌える うりずんの
ふるさとの夏

月桃白い 花のかんざし
村のはずれの 石垣に
手に取る人も 今はいない
ふるさとの夏

摩文仁の丘の 祈りの歌に
夏の真昼は 青い空
誓いの言葉 今も新たな
ふるさとの夏

海はまぶしい キャンの岬に
寄せくる波は 変わらねど
変わるはてない 浮世の情け
ふるさとの夏

六月二十三日待たず
月桃の花 散りました
長い長い 煙たなびく
ふるさとの夏

香れよ香れ 月桃の花
永久に咲く身の 花心
変わらぬ命 変わらぬ心
ふるさとの夏

〜『月桃』より〜


ぬちどぅたから

命は宝

命どぅ宝

世界が分かち合えたら。

同じ悲しみ分かり合えたら。

そして許し合えたらなら。

2016.6.23.命どぅ宝。

水で咲いた月桃の花が今年も揺れる。
by hey-yamato | 2016-06-23 23:23 | Trackback | Comments(0)
b0206552_21461025.jpg


映画から始まったこの物語。


スクリーンを飛び出して、北千住の大きな劇場で舞台化した事に嬉しくて泣いた。


そこで、あんたに会えた事に歓喜して涙し、あんたと創れた事にまた泣いた。


今回の共演者の全員が元戦隊出身者。初共演者が多いのに何故か、前から共にやってきた様な感覚になるこの面子。これが戦隊のなせる絆なんだろうと不思議と涙が流れる。


最後に『舞台 俺たち賞金稼ぎ団』に、お時間作って頂き、劇場に足を運んでくれまして、本当に本当にありがとうございました。たくさんのお手紙やプレゼント、全てのキモチを頂き嬉し泣きを。


そんな涙する青木純蔵は、あなたに感動して、今日も虹色交番の周りをせっせと走り回っている事でしょう。


by hey-yamato | 2015-12-31 21:24 | Trackback | Comments(7)
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28