事務所移籍のおはなし

ご報告がございます。


5/2付けで金城大和は、(株)オフィスセレソンから青年座映画放送株式会社に移籍する事になりました。


愛着のある事務所を離れる事はすごく寂しいのですが、理由としましては、オフィスセレソンの俳優部がなくなるという事でございます。

そして、新しい事務所の青年座映画放送さんが声を掛けてくれたという流れでございます。


現在は預かり期間という形ではありますが、今後は青年座映画放送が私をマネジメントして下さいます。


私としては何一つ変わらず、これからも精進して上を目指しますので、温かい目で見守って頂けたら幸いです。




青年座映画放送株式会社

住所:東京都渋谷区富ヶ谷1ー53ー12。
[PR]
# by hey-yamato | 2014-05-03 18:42 | Comments(22)

強竜者ぶるーす

何の旅なのか。


そんな事は特に考えもせず、愉快な6匹は祭りの旅に出た。その旅は感謝を伝える旅なのか、まだ見ぬ人達に姿を見せる旅なのか、さよならを言う旅なのか、それも分からぬままに。


祭りの旅は浜松から始まり、静岡、仙台、札幌、名古屋、広島、福岡、そして大阪の地で旅を終えた。


気付いた。


この旅は37本目のバトンを誰かに渡す為なのだと。感謝も、まだ見ぬ人達に姿を見せる為ももちろんある。けど、それよりも、いつか大きくなった坊主達が、また次の坊主達にバトンを渡せる為に。そのバトンを繋ぐ旅だったんだと。



元少年少女の皆様。


お休み返上して遊びに来てくれて本当にありがとうございました。その坊主達に、これからも一生懸命なリアルヒーローの背中を見せていって下さい。


共にバトンを渡してくれたスタッフとアクターの皆さん。


皆さんのお陰です。皆さんの力です。これから先もずっと、坊主達にヒーローというワクワクを届けていって下さい。


そして現少年少女の皆様。


このままキラキラし続けて、いつか大きくなったら、何色でも良いので、どっかの誰かのヒーローになって下さい。


そんな願いを込めて。バトンを未来に託す。


だから、さよならの旅では無かったのだ。また必ず逢えるでしょう。


その時はまた、一緒に闘ってくれますか。


その時はまた、一緒に遊んでくれますか。


その時はまた、一緒に踊ってくれますか歌ってくれますか。


その時はまた、親父ギャグに笑ってくれますか。


その時はまた、一緒に笑ってくれますか泣いてくれますか。


その時はまた、キョウリュウジャーだって言って手を振ってくれますか。


その時はまた、ワクワクしてくれますか。


その時はまた、


その時はまた、ノッさんって呼んでくれますか。




この旅できっと、未来のヒーローにバトンを渡せたはずだし、走り抜けて暑くなったので今は、この上着は脱いでおきます、また逢う日まで。



b0206552_108234.jpg

[PR]
# by hey-yamato | 2014-04-23 10:08 | Comments(61)

Gロッソぶるーす

日本一のヒーローショー。


確かに、その空間がここにはありました。


キョウリュウジャーGロッソ公演が、2014年3月9日を持って閉幕致しました。


恐らくもう2度と、キョウリュウジャーがあの場所で、変身前と変身後が同じ板の上に立つ事は無いでしょう。


だから、あの空間は一瞬だったのでした。


そんな一瞬の全てに、時間を作って遊びに来てくれた多くの皆様。本当にありがとうございました。


皆様が居て成り立つのが舞台。皆様に生かされてると、切に感じる空間がありました。


そして優しい空間と時間を作ってくれて、本当にありがとうございました。


たくさんの人達が遊びに来てくれました。泣いてる坊主に、笑ってるお嬢ちゃん。どちらも大きな大きな声で。


そして皆が、ガンバレーガンバレーと真白い声で叫んでくれました。


だからきっと、闇の力は吹き飛んだんだよね。いつか大きくなったら、そん時の闇の力は吹き飛ばしてくれよなと。



たくさんの人が、この空間に力をくれたお陰で、Gロッソ歴代動員数ナンバーワンという記録が生まれたとは、乾杯の席で聞きました。


だから、今年のGロッソのGは、元気でもギリギリでもGODでも無くて、ガブリンチョ。ガブリンチョ・ロッソと呼ばせて下さいな。


ごめんなさい嫌です。って、そんなGはごめんなさい。



それから、この空間を作る上で外せないGロッソのスタッフさんとスーツアクターの皆さんへ。


本当にありがとうございました。皆様のお陰で僕らは、動けて、喋れて、宙から降りて、ギャグが言えて、カッコつけれました。


素敵な出会いでした。また遊びに行きますね。


もちろん、遊びに来てくれた皆さんとも、素敵な出会いでした。ホームというのが有るのかは分かりませんが、あるとすれば間違いなくここでしょう。


ここで多くの想いを頂きました。それらを全てリュックサックに詰めて、明日からの全国ツアーに行って参ります。



最後に、雪に負けてしまった、あの2月の15日に遊びに来る予定だった皆様。


本当にごめんなさい。もう2度と負けませんから。また必ず会いましょう。


雪がとけたら、ほら、春ですから。
[PR]
# by hey-yamato | 2014-03-15 10:19 | Comments(43)

3年目の今日ぶるーす

好きな事で食べれなくても、好きな事が出来る世の中にはなって欲しい。


3年経っても、僕は今だに自分の事だけです。


何も見てやいないし、何も聞いてはいない。


だけど、二年前よりも一年前よりも、少しは、ほんの少しは何かをやれる気がしております。


恐らくは全くの無力なのでしょうが、それでも何かをと。


所詮、僕が行動してる事にはならないのは重々承知です。


全てを回れないし、ほんの一瞬の、その会場だけ。


でも、どっかの坊主とお嬢ちゃんにはワクワクして欲しくて。夢みて欲しくて。


所詮は偶像ヒーロー。そこで今も頑張るリアルヒーローには頭も上がりませんが、ほんの少しのワクワクでも届けれれば良いなと。


あの時生まれた赤ん坊が、今ではキョウリュウジャーにワクワクしてくれてたら嬉しいなと。



追伸。


いつかまた、自分のお家のテレビでヒーローが見れる日が来る事を願って。
[PR]
# by hey-yamato | 2014-03-11 14:06 | Comments(29)

ラスト武礼舞前夜

小さな石が転がり始めた。2013年の2月17日の朝、小石の大冒険物語が荒々しく転がり出した。


その時はまだ、小石は何故転がったのかも分からず。


それでも止まる事を恐れ、とにかく突っ走って、突っ走って転がり続けました。登り坂も急な曲がり角も落とし穴も何のその。まるで全てが下り坂の様に、猛スピードで駆け抜けました。


駆け抜けると言っても所詮は小さな石。小石ごときでは何も出来はしません。道中、多くの人に出会いました。


転がり出した時、その小石に出逢ってくれて、本当にありがとう。


落とし穴に入った時、その小石を拾ってくれて、本当にありがとう。


角にぶつかり身が削れた時、その小石を包んでくれて、本当にありがとう。


途中疲れた時、その小石を励ましてくれて、本当にありがとう。


道に迷いそうな時、声だして導いてくれて、本当にありがとう。


もう止まりそうな時、その小石を遠くに運んでくれて、本当にありがとう。


周りを気にせず走ってるのに、その小石の転がり先を気にしてくれて、本当にありがとう。


その小石の物語を一緒に歩んでくれて、本当にありがとう。


色んな人に触れ、色んな人に支えられたその小石は、2014年2月9日の朝、ようやく転がりを終えます。


決して化石になる為に止まるんじゃねぇぞと。小石の物語を一緒に歩んでくれたあなた達の心に留まるために。忘れない様にと、意思となり。


いつか、また転がり始めるその時まで。


小石の荒々しい大冒険物語は明日の朝、いよいよ完結します。どうか、最後まで一緒に歩んで下さい。そして、物語を完成させて下さい。


猛スピードで突っ走った小石は渦を作り、その渦で多くの人を巻き込みました。やがて、小石は気付きました。


あの日、小石が転がり出した理由を。


それは、小石はただただワクワクを届けたかっただけなんだなと気付きました。


小石の世界では色々と記録を作ってきたこの小石。その転がり止める明日の東京では、記録的な大雪だと。荒々しく転がり続けた小石の最後には、ある意味相応しい天気なのかもしれないと。


小石は伝説になるんだと。


あなた達と共に歩み見守られ、ワクワクを届けたかった小石の名は、「獣電戦隊キョウリュウジャー」。



小石は最後の最後まで、荒々しく転がりますよと。その転がり、



荒れるぜ、止めてみな。
[PR]
# by hey-yamato | 2014-02-08 21:32 | Comments(95)

金城大和のブログ


by 金城大和
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28